Jardin de Calm と暮らし

癒しの庭の季節の移ろいと日々の暮らしぶりをつづるブログです

摩訶不思議なスイートピー

のんびりペースのブログなので

庭の草花の生長の速さに追いつけません。

 

写真をよーく観察すると

中央のの木の枝にクレマチス絡まっているのも見えていますね。

葉が生い茂り、たくさん実がつきました。

ゲラニウムエリゲロンなどの宿根草も、ボリュームアップしてきました。

先日、ご紹介した矮性ジキタリスも2種ともに開花してます。

 

メインのボーダーガーデンは

なかなか思い通りにいかなくて

こちらからの眺めはイマイチ納得できていなくて。

特に初めて育てたゴデチヤ

予想よりボリューム感があって、

幅を利かせてしまってます。

来年は、植える品種、本数など、

いろいろと工夫してみようと思っています。

 

ゴデチヤ、裏側にまわってみると少しだけ開花しています。

開花の前に驚いたのは、

蕾の形状が

まるで咲き終わったあとの実のようだったこと。

写真でも、たくさん実のような蕾がたくさんついてるのが

おわかりいただけるでしょう。

開花して、ひと安心しましたが

中途半端なところから咲き始めるものだから

「咲くのなら、上から順にお願いします。写真が撮りにくいです。」

って、思わず、つっこみました。

ゴデチヤの花の時期は5~6月ということなので、

もうじき華やかになってくれると思いますが、

今は圧迫感しかないですね。

 

それから今日の本題なのですが、

こちらのスイートピーが、摩訶不思議なのです。。

ブログを続けて読んでくださってる方は、ご存知かと思うのですが、

オベリスクやフェンスに絡ませようと思って

秋にスイートピーの種をまき、大事に育てていました。

 

今年の冬の寒さを乗り越えた苗は、たったの3株でしたが

ようやく花を咲かせてくれたのですよ。

クレマチス ピールとのコラボを楽しみにしていました。

 

購入したスイートピーの種は、花の色がミックスだったので、

実際に咲いてみるまで、何色に咲くのか、わからなくて。

このピンクの色は同系色のピールとのコラボ的には

とても良かったです。

でも、ピンクのスイートピーの右をもう一度よーく見てください。

間違いなく苗は、ひとつなのですが、

別の茎に咲いている花は、白なのです。

 

オベリスクスイートピーは、もっと、びっくりです。

あまりに色が違いすぎるー💦

色がミックスだと言っても、種ごとに違う色だと思い込んでいた私です。

まさか、ひとつの苗から2色の花とは。

初めての経験でした。

さて、残りの一株は、どんな色なのかな ?

まだ咲いてないので、花色が、とても楽しみです。

 

スイートピーの横には

ルイーズ オディエも、たくさん蕾をつけてくれています。

 

裏庭では ピエール ドゥ ロンサールも、ノイバラをバックに
蕾が膨らんできました。

今年は蕾の数が少なくて、昨年の半分くらいですが。

 

5月の輝きの季節が、本当に楽しみです。

 

5月の Jardin de Carm の風景を思い描きながら

サンルームの中から、ロールスクリーンに映った

庭の風景を影で楽しんだりしています。

 

今日も、ご訪問いただき、ありがとうございました。